So-net無料ブログ作成
検索選択

<9>犯人の素性 [犯罪]

いつになったら被害者は気付こうとするのだろう。

被害がはじまり、まだ間もないかたには知らせておきたい。
長い年月を経たあとの状況を。

何年もの間、加害者の会話は最初の頃から何も変わらない。
知恵がつくわけでもなく、新しい情報が増えることもなく、同じネタばかりを同じメンバーで繰り返すだけのお粗末さだ。
予告や脅しなどは、その場限りの出まかせであることは言うまでもない。

急に威勢がよくなるのは、芸能人の話題と下ネタ。
コメントさえできなくなるのは、海外情勢や政治情勢などニュース的な話題全般。
また急に口数が減り感情的になるのは、創価学会や池田ネタ。
それさえも出てくる言葉は何一つ変わらない。
いつもいつも同じ言いぐさばかり。

使用する言葉はありきたりなものばかりで、少ない。
被害者が意識せずに使った言葉を気に入ると、喜んで何度も何度も繰り返す。
小学生でも知っているような言い回しであっても、加害者たちはおそらく初めて知ったのだろうと推測できる。
老人も含まれていながら、みっともない知ったかぶりも日常茶飯事。

当たりそうなあてずっぽうを言い、ときに当たると得意げになる。
被害者の考えを後出しで告げて、その通りに行動すると影響を与えたと喜ぶ。
とにかく何をとりあげても、受ける印象は極めて幼稚で異常である。

被害者が出会った人々を取り上げては知り合いだと嘘を言い。
会社名が出れば自分が勤務する会社だと嘘を言い。
つまりは一般人の日常生活こそが、世の中に相手にされることのなかった加害者達のあこがれなのだろう。

少し離れた街に出掛けると、加害者達は全く土地勘のないこともわかる。
被害者の目に映ったものを追いながら知ったかぶりをするのが精いっぱいだ。
想像以上の狭い世界で生きてきたのだろう。
「井の中の蛙」そのものだと納得する。

朝、昼、夜、いつも同じ数名のメンバーだけで生きている。
加害をしている以外の時間など余るわけがない。
これが加害者達の生活そのものなのだ。
他に行く場所もない。
一般社会との接点もない。
余暇もなく、知識を広げることもない。
指摘をされると急にお出掛けごっこをはじめるが、幼稚園や小学校の学芸会にも劣る演技力だ。
成人が死ぬまでままごととは本当に恥ずかしいことだが、「恥」という意味すら理解していないようである。
ならば「狂気」であろう。

「声」がほとんど聞き取れなくなっても何も変わらない。
まれに届く単語や気配は、今までの繰り返し以外なにもない。
誰も聞いていないのに、一日中必死に騒いでいるだけの用無し集団でしかないのだ。
それ以上にはなれず、それ以下はないのだから、このような犯罪者になったのだ。

この長い年月、ごまかしや演技だけで続けることはできない。
加害者の「素」を、嫌でも知らされることになるわけだ。
そこで出てくる結論は、加害者の生まれ育ちは一般人の想像が及ばないほど卑しく異常だということである。

普通に生まれ育ってきた被害者が、自分の中の「声」ではないと確信を持つのは当たり前だ。

こんなものたちに、国家が仕事を請け負わせるだろうか?
毎日ベストタイミングで付きまといを続けられるだろうか?
最先端の複雑な装置など使えるわけがない。

騙されていることにいつまでも気付かない被害者があまりに多すぎる。
そして矛盾ばかりの話が、他の被害者の混乱に拍車をかけているのだ。

現実をしっかり見よう。
何年経とうが陰謀などは何も起こらない。
被害者の周囲には何も起きない。
被害者が被害の話さえしなければ、周囲の人々は何も変わらないはずだ。
つまり加害者と被害者個人との「間」だけに存在している犯罪なのだ。
どうかその事実に気付いてほしい。

多くの被害者がこれらに気付いたとき、そのときこそがこの凶悪犯罪に立ち向かうべきときである。